住宅プロデュースで家の資産価値アップ
ディスカバリー・ホームズ

〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目1番14号
都営三田線 御成門駅 徒歩2分 東京メトロ日比谷線 神谷町駅 徒歩6分

営業時間
10:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3433-6431

コンセプトのご案内

より高く貸せる家・より高く売れる家「商品住宅」を建てなさい。

マイホームを建てるときには、自分達だけのための家つくりをするのではなく、将来、より高く貸せる家・より高く売れる家、すなわち「住宅のスタンダード」を具備した商品価値の高い住宅「商品住宅」にしておくことが、本当の意味での資産を守る、ということになります。

より高く貸せる家・より高く売れる家「商品住宅」にするためには、将来の環境の変化に対応できるように、戦略や戦術を練った家づくりをする必要があります。

そのためには、家具のレイアウトをベースにした、スタンダードな家づくりが重要です。より高く貸せる・より高く売れるをベースに建てられた家は、流通性に富んだ資産価値の高い家「商品住宅」となります。そのことにより、高い賃料を得たり、建物も評価された高い価格で売却することが可能な家を手に入れることができます。

「商品住宅」はプランニングが大事です。

プランニングを考える時の大事な要素は、日本人が見逃しがちな家具のレイアウトを前提としたプランニングをすることです。

日本では畳の文化が長く続いてきましたが、今では殆どの家が洋間にベッドを置いているでしょう。畳の部屋は、客間か予備室になっています。それでも部屋の広さを何畳の部屋というように畳の数で数えていますが、家具のレイアウトができれば畳数はあまり関係がありません。

建物のデザインはとかく外観に重きを置きがちです。勿論それも大事ですが、実は部屋から何が見えるか?の方がもっと大事です。広いスペースでしたら良いですが、限られたスペースにベッドなどの家具を入れるのは、なかなか難しいものがあります。

弊社では、プランニングをするときにまず家具のことを考えて、窓の位置やドアの位置、そして照明やコンセントの位置、絵をどこに掛けるまで、細部にわたり検討していきます。光の入り方、空間の抜け、隣の建物、植栽など、将来の変化までも予想して窓の位置を決めるのです。

北向きの窓は、部屋に直射日光が射さないためやさしい光で、家具やフローリングが傷まず、南向きの明るい庭を見ることができます。南向きの窓からは花の裏側しか見られません。北向きの窓も良いものです。

弊社では、これらを踏まえた、設計業務を行っています。

住み継がれる家「商品住宅」は究極のエコ住宅です。

弊社の推奨している、より高く貸せる家・より高く売れる家は、住み手が変わっても住める家、時代が変わっても住み継がれる家「商品住宅」です。

今、巷で100年住宅など、耐久性の高い家、断熱性の高い省エネ住宅などが言われていますが、これらはハードのことです。どんなに耐久性が良くて100年持つ家でも、次に住む人が住みにくい家は、壊されてしまいます。

ある記事で、何故日本住宅はすぐ壊されてしまうのか?という問いに、「法定耐用年数が短く、その年数が来ると価値が無いとみなされてしまうから。」という答えを良く見ます。税務的にはそうでしょうが、新築で建てた人が次ステップに移るとき、その後住める人がいないから、次の人が、自分の住みたい家を建てるために、壊してしまうのです。こうして、産業廃棄物がどんどん増えてしまうのです。建築会社は新しく建てて貰う方が良いでしょうが。

住み継がれる家「商品住宅」は、壊されません。これぞ究極のエコ住宅と言えるのではないでしょうか?より高く貸せる家・より高く売れる家をベースに建てられた家「商品住宅」は、流通性に富んだ資産価値の高い家となります。そのことにより、高い賃料を得たり、建物も評価された高い価格で売却することが可能な家を手に入れることができます。

家を愛おしく大切に育てることが、資産価値upの原点です。

以下のページもご覧ください

土地活用のノウハウ

資産活用のノウハウについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-3433-6431
営業時間
10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日